5月25日長良川河口域環境観察会は充実したものでした。

恒例となりました長良川河口域環境観察会は天候にも恵まれしっかり観察でき充実したものでした。生物多様性・湿地のグリンウェーブに連携する取り組みです。
岐阜新聞は26日朝刊で「河口堰の影響、現地調査」のタイトルで大きなカラー写真を入れて報道しました。朝日新聞はデジタルで
 http://digital.asahi.com/articles/ASG5T5KKVG5TOIPE00R.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG5T5KKVG5TOIPE00R
と報道しました。
参加者は20名。午前は船に乗って、午後は岸辺から観察しました。
数字に表れた観察結果(河口堰の位置は河口から5.4km)は以下のとおりです。

川底の状況

揖斐川(河口から4km:水深2.3m)砂、シジミ7個、酸化還元電位+126mv
長良川(河口から4km:水深3.0m)黒いヘドロ、貝1個、酸化還元電位−226mv
長良川(河口から6km水深4.9m)ヘドロっぽい砂、貝無し、酸化還元電位−94mv

午後は河口から9q地点のよし原に入って5分間ベンケイガ二などを10数人で採取。
揖斐川では54匹採取。(小さい子供から大きい大人まで世代をつないで棲んでいた。)
長良川では15匹採取。(大きいものばかり。:多分揖斐川か ら背割り堤の道路を横断して来たものでしょう。)
2014/05/26(Mon) 11:30:06 | 日記
Tittle: Name:

Profile

dousuiro
長良川に徳山ダムの水は要らない・・・木曾水系連絡導水路に疑問を呈す市民団体です。

New Entries

Comment

Categories

Archives(102)

Link

Search

Free