10/21 第8回長良川市民学習会

「これからの川は?」
  〜 導水路中止から河口堰ゲートの開放へ 〜
  日時:10月21日(水)午後6時30分〜8時45分
 会場:ハートフルスクエアG大研修室(JR岐阜駅東詰)
講演:「これからの川は?」 今本博健・京都大学名誉教授(河川工学)
  パネルディスカッション 「導水路中止から河口堰ゲートの開放へ」
   パネラー 今本博健(京都大学名誉教授)
        粕谷志郎(長良川市民学習会代表、岐阜大学教授)=進行
        向井貴彦(岐阜大学准教授−魚類生態学−)

今本先生が京大防災研究所所長を務められました。
多くの「弟子」が河川官僚になっています。
今本先生は、京大を退官されてから、淀川水系流域委員会委員長として、河川整備の
方向性−「原則ダムなし」提言をまとめられました。
05年暮れの日弁連シンポのときには、今本先生は「私の最大の業績は淀川水系流域
委員会だ」とおっしゃっていました。

今本先生から見ると、今ある143のダム計画(ダム関連事業計画)は、学問的に
いって「なっていない」そうです。
これから先、流域住民は「川」をどうとらえ、どう川と向き合うのか・・・

導水路事業は「凍結」となっています。
凍結ではいつまた復活するか分かったものではありません。
凍結から中止へ、導水路事業中止の後に、長良川をどうしていきたいか?

是非、明日の市民学習会にご参集下さい。

なお、明日午後1時30分〜 
 愛知県導水路住民訴訟の第2回口頭弁論が名古屋地裁で開かれます。
(1時から裁判所前で若干の事前集会をもちます。)
傍聴、よろしくお願いします。

Profile

dousuiro
長良川に徳山ダムの水は要らない・・・木曾水系連絡導水路に疑問を呈す市民団体です。

New Entries

Comment

Categories

Archives(102)

Link

Search

Free