計画案の撤回を求めました。

28日午前、私たちは岐阜県に対し以下の通り要請書を提出しました。

【要請事項】
長良川に徳山ダムの水を流す木曽川水系連絡導水路案の合意を撤回してください。
【質問事項】
1 長良川に徳山ダムの水を流す木曽川水系連絡導水路案が、岐阜県民にとってなぜ必要なのか説明してください。

(1) 平成6年の異常渇水程度のとき、長良川忠節地点での「動植物の生育・生息等の河川環境」について、
木曽川水系連絡導水路ができることによりどのような被害がどのように改善されるのか具体的に
説明してください。

(2) 木曽川水系連絡導水路事業に係る岐阜県の費用負担額及び支払い計画支出済みを含め)を明らかにしてください。

2 岐阜県は木曽川水系連絡導水路事業の効果に「可茂・東濃地域の渇水被害の軽減」をあげています。
この効果について、この事業に対する県の「費用負担額及びその支出費目」に則して説明してください。
また、この効果がなぜ生み出されるのか「水利権のしくみ」の観点から法的・制度的裏付けを提示してください。

【国土交通省】第5回木曽川水系連絡導水路環境検討会

14日に木曽川水系連絡導水路環境検討会が開催されました。
座長・藤田裕一郎 岐阜大学教授

報告内容
1.第4回検討会の議事録が公表されました。
2.今後は本日配布の「環境レポート(検討項目・手法編)(案)」に従って意見を募集し、公表せしめる。
2-2.年度末をめどにまとめたい。
3.ふれあいセミナーの意見は大きく3つに分類できる。
 それぞれ適切に対処していきたい。
 6月1日、6月29日の意見がまとめられているが、回答は記載無し

気になった点として
1.取水に関して
徳山ダム、横山ダムについては任意の水深から取水可能な「選択取
水設備」を設置。
貯水池の中からできるだけ河川の水温に近い水を取水。

2.土壌調査の結果。
ヒ素、カドミウムなど重金属を含む地層もあったが、全国的にみればそれほど多いというほどではない。
専門家を加え対処して行く。

魚類・底生動物専門の駒田委員は欠席。

以下、岐阜新聞7月15日より抜粋
********************************
同省中部地方整備局は、導水路の長良川と木曽川への影響について
「水温や水質への影響は小さい」との予測結果の速報を明らかにした。
ただし、予測は放流水と河川水が、完全に混ざり合うと仮定した場合。
放流水は河川より水温が低く、放水地点の地形や流速などにより、
実際には混ざり合わない個所もあると考えられるため、今後、局所的な影響を調べる。
********************************

署名にご協力ください。

導水路建設をめぐる情勢は、日々大きく動いています。
「長良川に徳山ダムの水は要らない」は圧倒的な県民、市民の願いです。
建設中止を今すぐ実現して欲しい!の声が連日私たちに寄せられています。
この熱い願いを叶えるためにも、9月の岐阜県議会に向けた請願署名をしたいと思います。

まず、ものが言える立場にある岐阜県が「要らない」と意思表明しない限り、ことは進みません。

私たちには選挙権と同時に、議会に対する請願権があります。
請願権は、20歳以上の成年だけに限られているのではなく、「未成年・外国籍・法人」にも権利があります。



目標は3万筆です。
・岐阜県外の方でも署名できます。
・印鑑は要りません。
・住所欄に「〃」とか「々」の省略は避けてください。
・署名用紙の複製、印刷は大歓迎です。

集約先
〒500-8211 岐阜市日野東7-11-1
長良川市民学習会事務局 武藤仁宛

期限
9月22日(月)

お知り合いの「長良川市民学習会」のメンバーに手渡ししていただいても結構です。

ご不明な点がありましたら、info@dousui.orgまで遠慮なくお問い合わせ下さい。

Profile

dousuiro
長良川に徳山ダムの水は要らない・・・木曾水系連絡導水路に疑問を呈す市民団体です。

New Entries

Comment

Categories

Archives(102)

Link

Search

Free